surgery

内障手術について

白内障について

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。白内障では白く濁ってしまうため、視界が全体的にかすんだり、視力の低下、光をまぶしく感じたり、暗いときと明るいときで見え方が違うなどの症状が引き起こされます。
初期段階では点眼治療が基本ですが、水晶体が透明に戻るわけではありません。進行した白内障に対しては、最終的には手術でしか改善できないとみられます。

あだち眼科 外観

このような症状、ありませんか?

チェック

視界が全体的にかすむ

チェック

視力の低下

チェック

光をまぶしく感じる

チェック

​暗いときと明るいときで見え方が違う

チェック

物が二重・三重に見える

チェック

老眼なのに近くが見えるようになった

白内障の手術は日帰りで行うことが可能です。

ここ数年の麻酔や手術術式の進歩により、手術は日帰りで行えます。また、麻酔時や手術中はもちろん、手術後も強い痛みを感じることはありません。

白内障の手術

内障手術について

白内障手術は、濁りの原因である水晶体を、全て吸い出すので再発することはありません。
また、移植した眼内レンズは半永久的に濁らずに使えますので、ほとんどの人は一生に一回(両眼なら2回)の手術です。

中津市の地域の皆様の目の健康を守ります。

見え方がおかしいと感じたら、お早めにご来院ください。患者様の不安や心配を少しでも解消できるよう、早期発見、早期治療に努めます。
<対象疾患>
白内障、緑内障、眼精疲労、眼底疾患、角膜障害、ドライアイ、結膜炎、アレルギー性結膜炎、眼窩神経痛、老視、近視、
ストレス、調節緊張 など

あだち眼科